地区行事で感じたこと

 年に数回、公民館が主体となって行われる地区行事があります。基本的に公民館加入世帯や子供会への呼びかけで行われる諸々行事。はっきりいって初めは「めんどう」という気持ちが先行していました。ですが、いざ、自分が役員となってみると、大変さもありますが、それ以上に得る物も多く、本当に自分たちは地域の人を始め、色々な関わりと支えの中で生きているんだと気づかされます。
 子供の登下校に声掛けや見守りをして下さる方々や、ボランティアでゴミ分別作業をして下さっている方々など、そういう方にお礼を言える機会でもあり、貴重な集まりです。災害や助け合いの重要性が特に話題となっている昨今、世代を超えて、交流ができるこのような機会を通して、日頃からの声掛けの重要性を感じます。イベントに至るまでの準備や裏方は大変ですが、当日のみなさんの笑顔や温かい雰囲気に、皆平穏な日常を過ごせるといいなあと温かい気持ちになります。程よい距離感で、地域の方々と支え合えたら素敵だなと思います。